ワンピースとは

18歳以上の発達障害(高機能自閉症・アスペルガー症候群・ADHD・LD)やその疑いを持つ方の当事者会です。愛媛県松山市内で活動するダンボクラブの成人支援部が運営。

名前の由来

当会の「ワンピース」の名前の由来ですが、直訳すると「一つの欠片」となります。
パズルのピースみたいに、1つ1つピースの形が違うように、集まる人も1人1人違うが、集まれば大きなことが出来るようにと、参加する人の目標がそれぞれ違っても、参加者自身に、目標は必要な存在であり、社会貢献していけるように、みんなで助け合い協力し合うことで夢の実現していけることを願い、名づけられた。
また、立ち上げ当初、参加した人が某週刊少年誌のとある作品が好きな人が多かったからとか…。

役割

当事者同士が学び、自分自身を知ること(自己理解)
当事者同士が支え合う(ピアサポート)
理解し合える社会を作る(啓発活動)
どんな人も自分らしき生きるために人に支えられ、支える人になる(社会のお役に立てる人になる)の手助け

沿革

2011年10月 親の会のダンボクラブにおいて成人発達障害者当事者会の検討開始
2012年3月 成人発達障害者当事者会プレ発足会
2012年4月 発足会
2012年5月 茶話会開催開始
2013年3月 茶話会に加え、勉強会開始
2013年5月 愛称を「ワンピース」に決定
2013年9月 成人SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)開始
2015年3月 広報誌「ピース通信」発行
2015年4月 自助グループの準備活動開始・ホームページ等開設

ワンピースホームページに戻る

inserted by FC2 system