活動内容

原則として、毎月第3日曜日に愛媛県松山市内にて、当事者や支援者が参加して「自己理解・居場所作り」、「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」などを行っています。

茶話会

参加者の生活や仕事での悩みや、発達障害当事者が持つ共感する悩みなどを、当事者同士で共有し共感して、アドバイスやサポートにつなげる情報提供などを、行っています。
また、話すことで、自己理解や、コミュニケーションスキルの向上、対人関係の在り方などを学んでいきます。

話した内容は、外部で話さないことをルールとしております。

【ワンピースの茶話会の実施方法】
参加者が10人以上であれば、2グループ以上に分れています。分け方はその場で担当者の指示で分かれる形をとっている。

分ける際には、古い参加者と新規の参加者が均等に分かれるようにする。

予約した部屋が下記の部屋、またはそれに相当する広さがあれば、部屋の中で、2つ以上に分かれる。
(参考例:愛媛県身体障害者福祉センター 大会議室など)

それ以外の場合は、2部屋予約する。但し、2部屋予約の場合は、最初はどちらかの部屋に集合しています。。
(予約担当が事前に予約しているので、開催日の月初めには分かるような形でお知らせしています。)

SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)

ソーシャル・スキル・トレーニング (SST) とは、社会生活技能訓練というもので、発達障害当事者が抱えている困難さを、訓練により問題を解決していけるようにするためのものです。

ワンピースでは、親の会「ダンボクラブ」に管理・運営を委任しております。
外部講師を招いてもらって、2か月に1度実施しております。

毎回、講師の方が様々な工夫をしていただいて、参加者が気兼ねなく取り組めるようにしてもらっています。

年度計画

2015年4月以降、自助グループに移行するための準備を行っています。

2016年度は、保護者や支援者との交流会を行う予定しております。
また、発達障害に関する勉強会や、当事者発表会を通して、社会参加へのスキルアップにつなげています。
年に何回か、懇親会など、メンバー同士の交流も図れるような企画も計画しております。

ワンピースホームページに戻る

inserted by FC2 system